ツムツムハート自動送信と一括受け取り

ツムツム始めて、もうすぐ1年。
でもちっとも上達しないし😭
コインも貯まらず、スキルも中々upできない。

ハート交換グループというのに入ってみました。
frepというのを導入してハート送信を自動化できると
何と、1日100万コイン以上稼げるらしい。

ハート送信の部分を自動化して
300人に1日20回送信して
その全員から返信してもらえて、
1時間以内に返信してくれたハートを受け取れば
300❎20=6000
6000❎200コイン=1200000コイン
計算上では120万コインを1日で稼げる事になります。

===実際に120万以上稼げるようになりました。===
所属したのは親子型グループの小型です。
親型さんを友達招待して、ハートを送ると必ずハートを返信してくれます。
小型さんはノルマフリーなので、frepが動かなくなって止まってしまっても大丈夫です。
ハートグル親子型で検索すると出てきます。
条件はありますが、普通に良識のある行動ができる方であれば大丈夫です。

※全自動ではありません。半自動です。
自分用の備忘録ですが、誰かのお役に立てれば何よりです。
自己責任でお願いします。

さあらの環境 pcはMac、スマホはZenFone Live (L1) です。

frepのインストール方法はサイトが色々あるので、そちらを参考にしてください。
参考にしたサイト→https://frep.msmo-ne.com/frep_step1/

ここでは、インストールが終わって、frepが実行できる状態になったところから始まります。
<自動化したいこと>
1.ツムツムのランキングに表示されている人全員にハートを送信。
2.一括受け取りをしたい。
3.時間を置いて、1に戻って繰り返したい。

※1.についてはYoutubeにとてもわかりやすい動画があります。
https://www.youtube.com/watch?v=ZUocZQoVr0k

こちらの動画を見てハート送信の部分を作って、
そのプログラムにこれから書いていく一括受取の関数を呼び出して使用してください。


このブログでは一括受け取りの部分を作って関数化する部分と
1で作ったプログラムに作った関数を呼び出す部分を作っていきます。

【詳細】2.右上のメールを開いて、一括受け取りをしたい
・準備→ツムツムのランキングの画面を開いておく
・メールボックスのマークをタップ(ここから一括受け取りの処理)
・まとめて受け取るをタップ
・受け取りのokをタップ
・インフォメーションのとじるをタップ
・メールボックスのとじるをタップ(一括受け取りの処理ここまで)
<一括受け取りの部分はテスト後に関数化します>


手を動かしてみましょう。
最初に必要なスクショを撮ります。

スマホでスクショを撮るには電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に2秒くらい押すと撮れます。

【スクショを撮ります】
a.ランキングの画面で一番上を表示、下方向に引っ張って離した後に自然に表示される画面。ハートが出ている時に撮ってね。
b.右上の「メール」をタップして表示される「メールボックス」の画面
c.「まとめて受け取る」をタップして表示される「受け取り」の画面
d.インフォメーションの画面
e.メールボックス(メッセージがありません)の画面
f.ランキングの画面で一番上を表示、下方向に引っ張って離した後に自然に表示される画面。ハートが出ている時に撮ってね。
g.ハートをタップして表示される「ハートをプレゼント」の画面
h.「ハートをプレゼント」の画面で「ok」をタップした後に表示される「ハートをプレゼントしました」の画面


プログラムを作成していきまーす。
2.右上のメールを開いて、一括受け取りをしたいの部分です。
詳しい説明とかはなしで、とりあえず作ってみましょう。
Frepを開いて
起動時.png

「記録の管理」をタップ「プログラム作成」をタップ
プログラム作成.png
続いて出てくる
「新規作成」をタップ
 「設定」をタップ
新規作成をタップ設定をタップ.png
 5.0をタップ0.1を入れて適用
待機5を0.png

 右上の+マークのとこをタップ
 追加する項目を選択という画面が出ます。
追加する項目.png

 画像認識をタップ
 認識する画像を選択という画面が出ます。

 画像ファイルから選択をタップ
 ファイルが表示されます。
 ファイルの場所が違うとファイルが見えません。
 Zenphoneの場合、スクリーンショットは
 /storage/emulated/0/Screenshots/
にあります。
先ほど撮ったスクショの
a.ランキングの画面で一番上を表示のスクショを選択してください。
a.が表示されたら、下の方にある適用をタップしてください。
画像を適用.png

画面中央に紫色の枠が出ます。
これを右上のメールのところに移動して、
左半分くらいに合わせます。
メール右上の数字が入らないようにしてください。
上手くいかない時は下の最初に戻すをタップすると最初の中央の枠が再度表示されます。
上手くいったら適用をタップしてください。
メールボックス認識.png
適用をタップしたすぐ後の画面です。
制御設定初期.png
成功時に認識領域中央をタップの左側の□をタップ
判定目安の10.0をタップして、0.5を入力します。
失敗(時間ぎれ):中断をタップして表示される項目から次へをタップします。
適用をタップします。
メール認識制御.png
待機を追加します。
画像認識と画像認識の間に待機を必ず入れます。
0.1秒と入れて適用をタップしてください。
これ以降待機の部分の画像省略

次に画像認識を追加して、
b.右上の「メール」をタップして表示される「メールボックス」の画面
を適用して、下方向にスワイプして、
まとめての最初の「ま」の文字が半分くらい入るように選択して適用をタップしてください。
まとめて受け取る.png
適用の後にでる制御設定の画面
まとめて制御.png
待機を入れます。
画像認識を入れます。
c.「まとめて受け取る」をタップして表示される「受け取り」の画面
プレゼント受け取りok.png
制御設定の画面
プレゼント受け取り制御ok.pngインフォ閉じる.png

制御設定
インフォ閉じる制御.png
待機を入れます。
画像認識を入れます。
e.メールボックス(メッセージがありません)の画面
とじるの「と」の半分くらいを選択します。
適用をタップします。
msgがありません.png
制御設定
msgがありません制御.png
待機を入れます。

ここまでが一括受け取りの部分です。
一度試してみましょう。
わかりやすいようにプログラムの名前を
「新規登録」をタップして、
ラベルを一括受取テストにします。
pg名前変更.png

テストしてみましょう。
ツムツムを起動して、ランキング画面で
左上に表示されている▷をタップしてください。
テスト三角.png
まとめて受け取るの後の
okのところをもう少し長くした方がいいみたいです。
一括受取テストをタップして
プログラム編集をタップしてください。

あっ4と5の間の待機が抜けていますね。
pg一括受取テスト1から8.png
待機を追加します。
5の右端の□をタップして、チェックを入れた状態で右上の+をタップして待機を入れます。
この時に待機を1秒にしてみます。
テストしてみます。
次のインフォメーショのとじるも上手くタップできませんでした。
7.待機を0.1秒を0.5秒に変えてみます。
テストしてみます。
今度は上手くいきました。

上手く行かない時は、待機の秒数を変えてみて、テストを繰り返してください。
携帯の機種によって色々だと思います。

さて、次は今作ったプログラムを関数にします。
一括受取テストをタップして、プログラムの編集をタップしてください。
項目の全てを選択します。
全て選択.png
関数化1.png関数化2.png
1.から11.まで全てがチェックされました。
次に関数に切り出しを行います。
関数に切り出し.png
そのまま適用をタップします。
関数のラベル名.png

次にプログラムを新規作成します。
今作った関数を呼び出してみます。
関数呼び出し1.png
関数呼び出し2.png
関数呼び出し3.png
関数の呼び出し方はここで終了。

この後は、
https://www.youtube.com/watch?v=ZUocZQoVr0k
を参考に作ったハート送信の画面です。
こちらをメインにして、ハート送信が終わったタイミングで
一括受け取りの関数を4回呼び出しています。
2回目から4回目までは60秒待機を入れています。
その後は時々起きるお知らせ画面対応用に入れている処理です。
全部の画面には対応できていないので、途中で止まることもあります。
後は工夫次第で自分に合ったものを作ってみてください。
ハート送信1.png
ハート送信2v1.png
動画をみながら作ると、14のところは成功時が1へとなっています。
ここでは次へに変更しています。
14成功時次へ.png
変更後
14変更後.png
ハート送信3.png
ハート送信4.png

-----追記20190918ここから-----
スワイプの値を調整ここから3つ上の画像
スワイプ値変更.png
ZenFone Live (L1) の場合ですが
上方向のスワイプの時
448➡︎447
984➡︎1004
に変更しました。

これでも微妙にずれていきますが、
色々試して、ベストの値がこれでした。
※送信エラーが続くと、一度wifiを切るとかしないと復帰できないみたいです。
-----追記20190918ここまで-----

こまできたら、後はこんなことできないかなっていうのが色々出てくると思います。

ツムツムの起動や終了も自動化したいなとか
時間がある時に追加していきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
お疲れ様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0